BLOG
ブログ

「パッシブデザイン」とは?

2018年02月06日
テーマ
注文住宅設計, 設計趣旨

「パッシブデザイン」という言葉をご存知ですか?


今とても注目されていて、家づくりをご検討中の方にはぜひ知っておいてもらいたいワードです。
もちろん、私たちが建てている家も「パッシブデザイン」で設計しています。


では、「パッシブデザイン」とは?
の前に、新築を建てた方を対象にしたアンケートをご覧ください。



せっかく建てた家なのに、なぜこんな不満が出てくるのか︖

それは、

①断熱するだけで快適な家になると、プロも勘違いしている。
②『太陽光発電=省エネ』、でも『太陽光発電=快適』とは限らない。
③1年を通じて快適な住まいにするポイントが理解されていない。

こんな家づくりの問題点があるからです。



それらを解消してくれるのが「パッシブデザイン」です。
日本語に直訳すると「受け身なデザイン」となる訳ですが、
「パッシブデザイン」は自然のエネルギー(太陽・風)をうまく取り入れ、時にうまく遮断できる建物にすることで、
設備に頼りすぎず、自然な心地よさを実現させる設計手法です。



例えば、断熱。
(言葉の通り、”熱を断つ”。冬は熱を逃さず、夏は熱を入れないことです。)

よく、断熱性能が高くて冬暖かい家。
という言葉を耳にされると思いますが、今や断熱性能が高いのは当たり前
国の基準値は超えていなければ冬の寒さは解消できません。 

しかし、どれだけ断熱性能を上げて熱を閉じ込めても快適な住まいとは言えないのです。

太陽の光を取り入れること=『日射熱取得性能』が高いと、ポカポカとした心地よい暖かさが得られます。

本当に快適で暖かい家は、『断熱性能』と『日射熱取得性能』が どちらも備わった家です。 





では、逆に夏に涼しい家はどう作るのか?

『断熱性能』が高ければ、屋根や壁から熱が入ってくるのを防ぐ効果があります。
しかし、熱がこもってしまえば逆に夏に熱いだけの家になってしまいます。

そこで大切なのが、『日射遮へい(日除け)』と『自然風利用』です。
設計段階で日射遮へい型のガラス+庇や軒を設けることで、しっかりと日除け。




そして、卓越風(その地域に吹きやすい風)など風の特性を予測し、窓の配置や大きさを考えて通風経路を組み立てます。
熱を遮り、風を通して熱を逃がす。
その方法を知ることが、とても重要です。



さらに、『採光』と『導光』。
窓などから室内にとい入れた光『採光』を、その部屋だけでなく隣の部屋にまで導く『導光』を意識することで
自然光だけで日中明るい家になります。 



もちろん、これらは自然エネルギーなので全てタダ!
『太陽光発電』はもちろん省エネでよい設備ですが、それだけに飛びつかないでくださいね。
まずは「パッシブデザイン」で光熱費を削減できる省エネな住宅を建てることが先決です。


最小限の光熱費で「冬暖かく、夏涼しく、明るく、風が通る」1年中快適な家が実現出来る。
それが、「パッシブデザイン」です。

家づくりをする上で、誰にでも平等にある自然の光・風。
その自然を取り入れる知識・技術を持った人が設計をするかどうかで、家づくりは大きく変わります。

少しでも興味を持たれた方がみえましたら、お気軽にお問い合わせください。


投稿者/生駒

最新記事

2018年8月23日
2018年4月30日

最新記事

2018年9月7日
2018年8月23日
2018年8月18日
2018年8月10日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る