BLOG
ブログ

お家とお庭の関係 その2

2018年03月27日
テーマ
注文住宅設計

桜の蕾が開き始め、そろそろお花見…
の前に、我が家の週末は庭に生えた雑草との戦いでした。


そう、我が家は庭は後々なんとかなるだろう!と後回しにしたパターン。
せっかくの庭、雑草で悩まされるくらいなら設計の段階で資金・プランも計画しておいた方がいい!
と、実体験から切に思います…


庭にお金をかけるくらいなら、まずは家に!という気持ちになるのも当然なのですが、
庭の整っていない家に住むことは、割とストレスだったりします。
『暮らす』ということは、家だけでなく庭の居心地の良さも重要です。




例えば、庭に1本でもシンボリツリーを植えると季節の移ろいが楽しめ、目で楽しませてくれます。

落葉樹なら、夏は日差しを遮り、秋は紅葉を楽しみ、冬は葉が落ち日差しを通します。
花が咲き、実がなる樹種を選ぶとより季節感を感じられますね。

常緑樹は、一年中お庭に緑を添えてくれ周囲からの目かくしにもなります。

隣家と接するお庭は、常緑樹を選ばれると落ち葉を気にしなくて良いですね。


玄関周りは、家の顔になる部分です。

現状は1本植えて、いずれ増やすように余白を設けておくのもいいですね。


他にも…
リビングから庭につながるウッドデッキを作り、そこから緑を眺める。
家庭菜園ができるスペースを設けて、庭でできた野菜を食卓に。
実のなる樹を植えて、実がなったら子どもと摘んでジャムに…




限りある予算で、どうしたら「暮らし」がもっと豊かになるか。
家はもちろん庭の楽しみ方を想像して、提案をさせていただいています。

庭のある「暮らし」のしたい方、ぜひお待ちしております!



投稿者/生駒

最新記事

2018年4月30日

最新記事


テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る