BLOG
ブログ

OB様宅訪問&SE構法工場見学会《後編》

2018年06月07日
テーマ
イベント

madocafeさんでおいしいごはんを頂いたあとは、
いよいよSE構法の工場見学~!

今回は《後編》ということで、
まだ前編を見ていない方は、前編も是非見てみてくださいね♪


この日は天気も良かったので、なんだか遠足気分ですね~
と言いながら、さっそく工場の中へ!

写真を見ていると、遠足というより社会見学ですね笑


工場内はたくさんの機械が置いてあって、
きちんと構造計算されたデータをもとに
ここの機械たちが木材の加工を行ってくれます。



そしてこんな機械も…

赤と黄色のかわいらしいこの機械、
一瞬、何かの乗り物かと思いますよね笑


こちらはドイツ製の特殊な加工ができてしまう機械だそうで、
「お子様に先着でプレゼントします!」
と言って見せていただいたのは、木製ジョッキ!!

現代技術おそるべしです。笑


お次は工場を少し移動して、
工場見学の目玉、実物の2/3の大きさで
実際の建方を見学しました!


どんな部材がどのように組みあがっていくのか、
見ているだけでわくわくしてきますね♪
あっという間に屋根の形まで見えてきて、
建方の完成です!
さっそく出来上がった建物の躯体に上ってみたり、
本当に丈夫なの?と梁にぶら下がってみたり、
実際に接合部分にはめ込むピンを打ち込んでみたり…


こんな面白いものもありました!

SE構法で使う木材は集成材と言われていて、
板材を接着剤で貼り合わせたものを
大きな柱や梁として使っているのですが、

「接着剤の部分が弱くて危ないのでは?」
とよく聞かれます。

それの答えがこれなんです。
集成材を薄くスライスされたこの板を
割ってみると…

接着剤の部分ではなく木材の部分が割れるんです。
つまり、接着剤の部分の方が強度が高いということなんですね~

でも、こんなの渡されたら意地でも
接着剤のところできれいに割ってみたくなってしまう…
結局、頑張りましたが無理でした笑


構造のお話は難しいですが、
実際に目で見て、確かめて頂ける良い機会だったと思います。


皆様1日お疲れさまでした!
これからお家づくりをされる中で、
この機会が少しでもお役に立てることを願っています。


投稿者/吉川

最新記事

2018年10月21日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る