DESIGN INTENT
設計趣旨

完成体からの引き算設計

完成体からの引き算設計-m-19-980-400.jpg

完成体からの引き算設計 -シンプルな間取りこそ、考えられている!

弊社が、お施主様の家造りを、手伝わせて頂くにあたって、大切にしている事の1つに “変わりゆくライフスタイルに対応出来る家である事” と、いうキーワードがあります。それは、今の生活で100%満足のいく家を建てても、時が経ち、家族も成長して行けば、おのずとライフスタイルや、家に求める価値観も 変わって行くからです。そこを設計でどうカバーするかが、カギとなる訳ですが、実際にお引渡しを終えた現場を例にご紹介致します。

( 詳 細 )
・お施主様は現在、独身 (クルマ好き/ガレージハウスで建築)
・考えられるライフスタイルの変化 : 結婚 (お子様の誕生) 、 親御様との同居

そこで、完成体 (結婚&同居後の暮らし) のプラン (間取り) を、はじめに作成

完成体からの引き算設計-m-19.jpg

完成体からの引き算設計-70891395fa08d384271d467a68bffe3b1.png (1)

今の暮らしに必要ない物を、はぶいた現在の間取りがこちら

完成体からの引き算設計-c35da0c3f8703bacb01f650ffafe87a11.png (1)

将来バルコニーの設置を、考慮しているので2階の窓でも、掃き出し窓となっています。

完成体からの引き算設計-i-19.jpg

(※ 掃き出し窓=外部へ出入り可能な大型の窓で、窓の下枠と室内で段差がない窓)

はじめに、考えられるライフスタイルの変化に対応出来る 間取り
(親御様との同居による増築、結婚・出産にともなっての改築(子供部屋を設ける)プラン) を作成し、そこから、現在の暮らしに必要のない物を 引き算 して行く。
そうする事で、将来 増築・改築となった時、壊す事になる壁も、照明を新たに取り付ける事になる天井の位置も、初めから分っているので
・壊す可能性がある壁=耐力壁を入れない
・照明を設ける可能性がある天井=配線を施しておく
・個室へ改築する可能性がある吹き抜け=コンセントを取り付けておく 等
“可能性に対応出来る仕組み”を設計の中に取り込む事が出来るのです!

2階:例
現在(左写真):吹き抜け+寝室 → → → 将来(右写真):部屋×3(パースはサブリビング+2部屋)

完成体からの引き算設計-i-38.jpg

完成体からの引き算設計-m-38.jpg

完成体からの引き算設計-i-39.jpg

完成体からの引き算設計-m-39.jpg

完成体からの引き算設計-i-37.jpg

完成体からの引き算設計-m-37.jpg

この現場の場合は、さらに、将来の奥様のために “ キッチンを選ぶ楽しみ ” を残しておけるよう、
対面キッチンにも対応出来る配線を施した上で、現在は ステンレスのミニキッチン を設置しています。
(キッチンをリフォームする事になれば、現在のミニキッチンをガレージへ移設予定。そのため、ガレージでも絵になる ステンレス製のモノを選んでいます)

奥様の好みでキッチンを彩れるように、現在は本当にシンプルなカタチとしました。

キッチン:例
現在(左):ミニキッチン+ダイニングテーブル → 将来(右):ダイニングテーブル一体型・対面キッチン

完成体からの引き算設計-i-33.jpg

完成体からの引き算設計-m-33.jpg

完成体からの引き算設計-i-36.jpg

完成体からの引き算設計-m-36.jpg

完成体からの引き算設計-i-32.jpg

完成体からの引き算設計-m-32.jpg

このページのトップに戻る