DESIGN INTENT
設計趣旨

階段・鉄骨手すりの意外な使い方

階段・鉄骨手すりの意外な使い方 -洗濯の室内干しや服もかけられる!-

階段・鉄骨手すりの意外な使い方-5528-645.jpg

( (参考:弊社モデルハウス・INFILL BOX 可児支店 )

主婦の皆様、必見です!
これからの季節、洗濯物の乾きが悪くて室内に干すことが多くなりませんか?
そんなとき階段の手すりが鉄骨だと、洗濯の室内干しにとても便利なんですよ。

階段の脇に「横滑り出し窓」

階段・鉄骨手すりの意外な使い方-5507-310-413.jpg

「横滑り出し窓」とは、窓の上部を軸として外部に押し出す窓のことです。
雨が降っても窓ガラスが室内への進入を防ぎ、風だけを取り込むことができます。
1階と2階に横滑り出し窓があることで、熱い空気は上に行き下から新鮮な冷たい空気が流れ湿気がたまりません。
この鉄骨手すりの階段なら、洗濯物を干す場所は必ずしも日当たりのよい南側でなくてもいいですね。

2階:シーツもらくらく干せるスペースを確保・コート掛けの役割も

階段上部吹き抜けの空間にも、写真のように手すりを設けることで、洗濯物を干す時に場所を取るシーツや
バスタオルのような大きなものも余裕で干すことができます。
(手すりの横桟にハンガーをかけることもできるので、室内干しの他、吹き抜けの高さを利用して 一時的なコート掛けとする事もできます)

階段・鉄骨手すりの意外な使い方-55141-310-413.jpg

(参考:鉄骨手すり 横桟にハンガーもかけられます)

階段・鉄骨手すりの意外な使い方-10404001-310-413.jpg

また小さいお子様がみえる場合は、この鉄骨に転落防止ネットを取り付けることも簡単にできるので安心です。

階段・鉄骨手すりの意外な使い方-5532-310-413.jpg

1階:階下から見上げても洗濯物は見えない 室内干しで困ることは、突然の来客です。 ですが階段上に干してしまえば、よほどのぞきこまない限りは目に入りません。

さらに鉄骨手すりの階段の良いところは、脱着が簡単なのでリフォームにも適しているところです。

いかがでしたでしょうか?
鉄骨手すりの階段は、ただ1階と2階を上り下りするだけでなく、こんな意外な使い道があるということを知っていただけたら幸いです。

このページのトップに戻る