DESIGN INTENT
設計趣旨

2世帯住宅・キッチンのあり方

2世帯住宅・キッチンのあり方-7-980-400.jpg

2世帯住宅・キッチンのあり方。 -親世帯・子世帯でキッチンのウエイトに変化を!-

近年、住宅の性能向上により、3世代先まで考えた設計が必要になっています。
今は2世帯でも、いずれ1世帯になり、そしてまた2世帯となる事が考えられるからです。

そういった事情から1階(親世帯)と2階(子世帯)のキッチンを同じウエイトで作るのではなく、
1階のLDKを大きく作る事で、皆で食事を楽しめたり、身内を呼んで集まれる空間とし、
2階は簡易的なLDKにする事で、将来1世帯の住居となっても、どっちつかずにならないよう誘導します。

また、特に親世帯はゆったりと出来ないミニキッチン等の狭い空間で過ごすというのも残念な事で、
ライフスタイルが確立しているからこそ、作り込む事が可能なのです。

1階:親世帯(十分に身内を呼べる広さ)
2世帯住宅・キッチンのあり方-8-310.jpg

( 愛知県小牧市 S様邸 )

2階:子世帯(簡易的な造作キッチン)
2世帯住宅・キッチンのあり方-7-310.jpg

このページのトップに戻る