DESIGN INTENT
設計趣旨

2筆ある土地でのゾーニング

たとえば、2筆あるコチラの土地の場合

2筆ある土地でのゾーニング-2471.jpg

※ 筆(ひつ)= 不動産登記をする際の土地の “単位” で、1つの土地のことを1筆と言います。

- 土地の個性 -
・敷地の南面が 雑木林 というロケーションの良さ
・2筆ある土地

- 今後の可能性 -
・1筆分を売る

 

2筆ある土地でのゾーニング-1.jpg

この条件を考慮して、ゾーニングを行っていくと……

2筆ある土地でのゾーニング-2.jpg

南側の土地は将来 “売る” 可能性もあるので、北側の土地で建物を計画していきます。

2筆ある土地でのゾーニング-3.jpg

南方向にあるのは雑木林なので人目が気にならず、ロケーションが良いため、南面に大開口を設けたい。

2筆ある土地でのゾーニング-4.jpg

親族が集まるので和室を設けたい、とのご要望があり、今後みんな年を取っていくので、車を降り直接和室へ入れるよう、道路に面した北側に和室を配置。 また「仏間」は東・南向きに設けると縁起が良いので、東向きに配置。

2筆ある土地でのゾーニング-tuika_1.jpg

残しておいた土地を売る可能性の他に、将来、アパートを建て、老後は家賃収入で暮らす可能性もあるため、工事車両でも通過出来るよう、4メートルほど敷地を空けておきたい。

2筆ある土地でのゾーニング-tuika_2.jpg

そして、ガレージハウス希望のお施主様からのご要望
・シャッターを2ヶ所設け、空いている敷地の奥で車のメンテナンスを行えるように!
・またガレージと奥の敷地を使って、友人と一緒にバーベキューを楽しめるように!
・LDKから愛車を眺めたい!

そうして完成した間取りがコチラ!
2筆ある土地でのゾーニング-6.jpg

ゾーニングや間取りには、必ずそこに配置した理由があります!
それぞれのお客様の為に、ご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ!! 

このページのトップに戻る